福井県AI観光アドバイス

あわら市 / あわら湯のまち エリア

2023-07-12〜2023-07-18

アンケート回答件数: 23
このCSVデータから読み取れる情報をもとに、以下にいくつかの改善ポイントを提案させていただきます。 1. 案内所・駐車場案内の改善: 質問ID138599の観光客は、「恐竜博物館の駐車場の案内が無く、1時間30分も渋滞していた」と不満を表明しています。これはシステムの改善が必要で、訪問者が駐車場を簡単に見つけられるような案内所の設置や、ナビゲーションシステムの導入を考えるべきです。 2. ツアーバスの利用促進: ツアーバスを利用する観光客が多い一方で、自家用車やレンタカーを使用する観光客も少なくありません。ツアーバスの利用を促すことで、渋滞の解消や環境負荷の軽減につながります。ツアーバスの利点(ガイドによる説明や移動中のリラクゼーションなど)をアピールするプロモーションを強化すると良いでしょう。 3. 情報提供源の充実: インターネットを使った情報収集が主流であることが分かりますが、新聞・雑誌・ガイドブックや友人・知人からの情報も一定数あります。各情報源に対応したマーケティング施策を考え、各層に合わせた情報提供を行うべきです。 4. 内容の多様化: '温泉や露天風呂'や '名所、旧跡の観光' は多くのユーザーが訪問目的としていますが、'お祭りやイベントへの参加・見物' 'スポーツ観戦や芸能鑑賞(コンサート等)' などはあまり目的とされていません。多様なニーズに対応する観光地への転換や、これらのイベントを増やすことで、新たな観光客を引き付ける可能性があります。 これらのポイントに注目して、具体的な改善策を検討しましょう。

2023-07-19〜2023-07-25

アンケート回答件数: 4
1. アクセシビリティ向上:コメントを見ると、特に高齢者の方々が観光地までの距離を長く感じているようです。これはアクセシビリティを改善する必要があることを示しています。具体的には、地元のタクシー業者やシャトルバスサービスと連携して、駅から観光地までの移動支援を提供するといった方法があります。 2. レストランやショッピング施設の増加:何人かの訪問者が、観光地にある店やレストランが少ないことに不満を感じています。この問題を解決するためには、地元の美味しい食事を提供する新しいレストランの開設を促進する或いは、地元の特産品を販売するお店を増やすなどの対策が効果的です。 3. オンラインマーケティングの充実:このデータから観光情報の入手方法として「インターネット・アプリ」の利用が目立ちます。これは、観光地公式ウェブサイトの充実やSNSマーケティング、SEO対策など、デジタルマーケティングの重要性を示しています。具体的な取り組みとしては、ウェブサイトに観光情報を充実させる、インスタグラムやFacebookでの定期的な投稿、SEO対策による検索結果の上位表示などが考えられます。 4. 温泉街の風情作り:観光地の雰囲気や風情も重要な要素となります。一部の観光客は温泉街の風情を感じられなかったとコメントしています。街並みの美化や景観改善、地元の文化や歴史を伝える案内板の設置などによる、観光地としての魅力向上が求められています。 これらの改善点に取り組むことで、訪問者の満足度向上やリピート率の増加を期待できます。

2023-07-26〜2023-08-01

アンケート回答件数: 7
データ分析の結果、以下の2つの重要な改善点を提案します。 1. 交通の利便性の向上:特に島根県や東京都から来た観光客が新幹線や在来線を利用して訪れているデータが見受けられますが、ある観光客は「高速道路から山道に入るので、もう少し走りやすくなると良い」という意見を提供しています。地域へのアクセス性を向上させるために、道路の改善や公共交通機関の利用促進策を考慮すると良いでしょう。 2. ツーリスト向けの情報提供:訪問者がどのような情報源を参照して観光地を選んでいるかを確認すると、「インターネット・アプリ」「観光パンフレット・ポスター」を最も多く利用していることがわかります。そして、特に観光協会等の案内所を利用して情報を集める人が増えています。これらの情報源の充実を図り、潜在的な観光客に向けたマーケティングを強化することを考慮すべきです。たとえば、より具体的な観光情報を提供したり、デジタルマーケティングを強化したりすることが考えられます。 これらの改善策を採用することで、訪問者の利便性が向上し、より多くの観光客を惹きつけることができるでしょう。

2023-08-02〜2023-08-08

アンケート回答件数: 10
このデータからすぐに解決できる大きな改善点は、「情報収集経路の多様化」や「利用交通手段に対するサポート強化」の二点が考えられます。 1. 情報収集経路の多様化: データの中では、「インターネット・アプリ」や「新聞・雑誌・ガイドブック」が主な情報収集手段となっていますが、「観光協会等の案内所」や「タクシードライバーや地元の人」からの情報収集が少ないようです。これは地元施設や人々が観光情報を効果的に伝える機会が不十分である可能性を示しています。ここで、地元の施設や人々が観光案内できるスキルアップの機会を提供したり、情報伝達手段を多様化することで、より多くの観光客に対する情報提供が可能となります。 2. 利用交通手段に対するサポート強化: 交通手段は主に「自家用車」が使われていますが、「レンタカー」や「新幹線」、「飛行機」などから訪れる観光客もいます。これらを使って訪れる観光客に対して、現地での交通アクセスの案内や移動手段の提供(シャトルバスサービスの提供など)を充実させることが考えられます。これにより、訪問者が立地や交通の不便さを感じることなく、満足感を感じやすくなります。 なお、このアドバイスはデータの一部を基に作成していますので、全体の観光地事業者の改善点を網羅しているわけではありません。更なる詳細データの分析や、現地調査なども行い、抜け漏れなく改善点を見つけることが重要です。

2023-08-09〜2023-08-15

アンケート回答件数: 4
1. 交通アクセスの改善: アンケートから「駅が遠い」と「踏切」に不便を感じたという回答があったため、公共交通機関の利便性を向上させる策を検討する必要があると思われます。例えば、頻繁にシャトルバスを運行する、駅と観光地の間に新たなバス路線を設ける、あるいは地元のタクシー会社と連携して割引サービスを提供するなどが考えられます。 2. 情報提供の強化: 「インターネット・アプリ」や「観光連盟やDMOのHP」から情報を得ているという回答が見られました。これらのデジタルメディアの利用を強化し、観光地やイベントの魅力をより多くの人に伝えることも重要です。同時に、観光情報を提供する際には訪問者のニーズに合わせた情報を提供することが求められます。例えば、ファミリー層向けの情報やレジャースポット、飲食店情報などを充実させることが考えられます。 以上が現時点での重要な改善点と考えますが、更に深堀りした分析や観光事業者の具体的な状況により、対策は異なる場合もあります。

2023-08-16〜2023-08-22

アンケート回答件数: 10
データを詳しく分析した結果、以下の改善点を挙げてみます。 1. 対象エリアの魅力をもっとアピールする: 回答者の中には「名所・旧跡の観光」や「テーマパーク(遊園地、動物園、博物館など)」に関心を示す人々がいますが、その一方で「情報収集ALL」に対する回答が少ないことから、観光地の魅力や施設の情報をもっと効果的に伝える方法が求められていそうです。観光展・物産展や観光パンフレット・ポスターなどの情報源をもっと活用し、またSNSを使った情報発信も検討すると良いかもしれません。 2. 宿泊施設を充実させる: 多くの観光客が「温泉や露天風呂」を楽しみにしていますが、ほとんどの回答者が県内での宿泊数は少ない、または全く宿泊しないと回答しています。これは、魅力的な宿泊施設が不足している、またはそれを知る手段が十分ではないかもしれません。改善策として、宿泊施設の充実や情報発信に力を入れてみてはいかがでしょうか。 3. 交通アクセスの改善: 多くの観光客が自家用車で訪れているですが、県内での移動手段として公共交通機関(レンタカー、新幹線など)を利用している観光客は少なく見受けられます。公共交通の利便性の向上や、その情報の提供を改善することで、より多くの観光客が訪れやすくなるかもしれません。 4. 地元の食事体験の提供: 多くの観光客が「地元の美味しいものを食べる」ことに興味を持っています。地元の食材を活用した料理や、地元の飲食店と連携した食事体験の提供を考えてみてはいかがでしょうか。食べログやGoogleマップなどの口コミ情報も参考にすると良いです。

2023-08-23〜2023-08-29

アンケート回答件数: 7
CSVデータから読み取れる情報を元にした観光地事業者へのアドバイスは、以下のようなものになるでしょう。 1. 「温泉や露天風呂」や「地元の美味しいものを食べる」は訪問目的として高頻度で出ているため、これらの強化や情報提供を優先すれば訪問客の満足度や来場数向上に寄与する可能性が高いです。 2. 「自家用車」で訪問する人が非常に多いです。「自家用車」利用者に対する情報提供やサービスを充実させることで、同じく「自家用車」で訪問する潜在的な観光客にも訴求力を持たせることができます。 3. 60代以上のシニア層が非常に多いです。シニア層向けのアクティビティやサービスを充実させることで、さらなる訪問者増加を見込むことができます。 4. また「インターネット・アプリ」を情報収集に利用する人も多いので、Webやアプリを通じた情報提供を強化すべきです。特に、施設の詳細情報や予約方法、現地での過ごし方など、訪問前に必要となる情報を提供することが重要です。 これらの改善により、部分的にではありますが観光客の満足度向上や再訪意欲を高める効果が期待できるでしょう。

2023-08-30〜2023-09-05

アンケート回答件数: 9
CSVデータの中には具体的な詳細が多く含まれていますが、一部の情報だけから重要な改善点を提案することは難しいです。しかし、以下の観点から改善点を挙げることを試みます。 1. 交通アクセスの改善: CSVデータによると、多くの観光客が自家用車で訪問しています。公共交通機関の利用者が少ないことから、公共交通の便利性やその情報の周知に問題があるかもしれません。この点を改善することで、より多くの観光客を呼び込むことができるでしょう。 2. 観光情報の充実: 観光客の情報収集方法として「インターネット・アプリ」が挙げられています。ウェブサイトやアプリの充実度をより評価し、できるだけ多くの情報を提供することで、観光客の利便性を向上させることができます。 3. 観光施設やアクティビティの多様性: 「宿でのんびり過ごす」「温泉や露天風呂」「地元の美味しいものを食べる」といった活動が人気がありますが、他のアクティビティへの参加者が少ないようです。より多くの観光施設やアクティビティを提供し、その情報を周知することで、観光地としての魅力を高めることができます。 上記の提案は、一部の情報を元にしたものであり、全体的な客層やニーズを反映しているわけではありません。より詳細なデータ分析が必要で、アンケート等による更なる情報収集も有効と考えられます。

2023-09-06〜2023-09-12

アンケート回答件数: 9
1. 交通手段について: 「休日の最終バスが早く終わってしまう」という不満を示す訪問客がいました。観光地は、休日の公共交通のスケジュールを見直し、可能であれば遅い時間まで運行するように改善を求めることが求められます。 2. 情報提供について: 訪問客は主に「インターネット・アプリ」、「友人・知人」から情報を得ているようです。観光地は、これらのチャンネルを最大限に活用して情報提供を行うべきです。特にインスタグラムは若い世代に非常に人気があり、観光地の美しい写真や体験をシェアすることで注目を集めることができます。 3. 訪問目的について:「地元の美味しいものを食べる」、「温泉や露天風呂」、「テーマパーク(遊園地、動物園、博物館など)」が主な訪問目的です。観光地はこれらをアピールし、より魅力的で魅力的な経験を提供することで訪問客を増やすことが可能です。 4. 満足度について: 多くの訪問客は満足しているようですが、一部の訪問客は「どちらでもない」という評価をしています。これらの訪問客からのフィードバックを詳しく調査し、満足度を向上させるためのアクションを考えることが必要です。例えば、「宿泊施設の料理が良かった」などの具体的なフィードバックを元に、改善を進めることが求められます。 5. 訪問回数について: 一部の訪問客は「11回目以上」を示し、再訪を繰り返していることがわかります。これは忠誠度の高さを示しており、このような訪問客に対する特別な優待やサービスを提供することで、さらに高い満足度やライフタイムバリューを得ることができます。

2023-09-13〜2023-09-19

アンケート回答件数: 4
特定の改善点を提案するには、データセットから具体的な課題や懸念事項を特定する必要があります。ただし、提供されたCSVデータを基に一般的な観光地事業者へのアドバイスを提供します。 1. 最適なターゲット顧客層の特定: 会員ID、性別、年代、所在地、世帯年収などのデータを分析し、訪問者の背景を理解する。これにより、マーケティング戦略を最適化し、広告とプロモーションを最適化することができます。 2. 訪問目的の把握: 顧客がどのような活動に関心があるか(温泉、観光地、テーマパークなど)を理解し、これらの活動を最大化し、顧客満足度を向上させます。 3. 顧客満足度の管理: 訪問者がどの程度満足しているか(満足度の評価、NPSスコアなど)をみることで、サービス改善のヒントを得ることができます。満足度の理由や不満を持っている人々の指摘事項を深く掘り下げ、それらのフィードバックに基づいて改善を行います。 4. 情報源の活用: 訪問者がどこで情報を得ているかを把握し(インターネッと、ガイドブック、友人・知人など)、それに基づいて情報提供方法を効果的に改善します。 5. 交通手段の最適化: 訪問者がどのような交通手段を利用しているかを理解して、その交通手段を効率的で便利なものに改善します。

2023-09-20〜2023-09-26

アンケート回答件数: 12
ここでは特定の問題や、多くの観光客が不便を感じているというデータはありませんが、以下のいくつかの観察点を改善することで、観光事業全体を高めることができるでしょう。 1. 交通手段の改善: 多くの観光客が県外から自家用車で来訪しています。観光地までの公共交通機関のアクセシビリティを改善することで、より多くの観光客を惹きつけることができます。新幹線や在来線、バスなどの利用者が少ないことから、公共交通機関の周知と利便性を高めるためのプロモーションが必要です。 2. オンラインプレゼンスの強化: 多くの観光客が情報収集のためにインターネットやアプリを利用しています。観光地のウェブサイトやソーシャルメディアのプレゼンスを強化し、旅行者にとってより魅力的で利用しやすい情報を提供することが重要です。また、観光地のアピールポイントやアクティビティなどが効果的に情報公開されているか確認し、必要であればこれらの情報の更新と強化が必要です。 3. ローカルフードのプロモーション: 多くの観光客が「地元の美味しいものを食べる」に興味を示しています。地元の料理や特産品をもっと強くアピールし、これらを提供するレストランや店舗と連携することも観光事業の強化を図る一つの手段となります。 上記の改善を図ることで、観光地は更なる観光客の流入と滞在時間の増加につながる可能性があります。

2023-09-27〜2023-10-03

アンケート回答件数: 7
データからは次のような改善点が考えられます。 1. 交通手段への改善: 多くの観光客が自家用車を利用しているため、駐車場の拡充やアクセスの改善を行うと良いでしょう。 2. インターネット・アプリの利用を増やす:多くの観光客がインターネットやアプリを情報収集に利用しているため、観光地情報の発信を強化すべきです。また、観光地のウェブサイトやアプリの使いやすさ、情報の更新などにも注力するとよさそうです。 3. 観光施設やイベントの情報提供:特に温泉や地元の美味しいものを楽しみたい観光客が多いので、あわら湯のまちの美味しい飲食店やイベント、温泉施設の情報をもっと発信すると良いでしょう。 ただし、これらの改善点がすぐに解決できるかどうかは、具体的な施設や現地の状況によります。また、これらの対策を行った場合でも観光客数の増加を保証するものではありません。様々な要素が絡み合い、観光背景は複雑なので、これらの対策を一部始終に考えて実行することが重要です。

2023-10-04〜2023-10-10

アンケート回答件数: 11
CSVデータからは以下のような改善点を提案できます: 1. 交通手段:訪問者の多くが自家用車で訪れているようです。公共交通機関のアクセスの改善や都市間移動に便利なシャトルバスの提供などを検討してみてはいかがでしょう。 2. 訪問目的:多くの訪問者が温泉や露天風呂、地元の美味しいものを求めて訪れています。これらのサービスを強化するか、新たな体験型のサービスを提供してみてはいかがでしょう。 3. 情報収集:多くの訪問者が情報をインターネットやアプリから得ています。ウェブサイトやアプリの改善、及びSNSを用いた情報発信を強化することで、より多くの訪問者を集客することが可能となるでしょう。 4. 満足度:一部の訪問者からは飲食に関する満足度が低く、それが来訪意向に影響しているようです。地元の美味しいものに期待して訪れる訪問者が多いので、飲食施設の質を高めることが必要と考えます。 5. 宿泊施設:多くの訪問者が1泊の滞在です。よりロングステイを促進するためのプログラムやパッケージを提供するなどの工夫が求められます。

2023-10-11〜2023-10-17

アンケート回答件数: 13
このデータセットを評価すると、以下の重要な改善点が浮かび上がります: 1.【情報収集方法の多様化】 多くの観光者が情報を収集するためにインターネット・アプリを利用していますが、他のメソッド(新聞、雑誌、ガイドブック、TV・ラジオ番組、観光パンフレット等)の使用率が低いことが見て取れます。より効果的なマーケティング施策を展開するために、これらの情報源を利用する観光客も増やすことを考えてみてください。 2.【地元の飲食店や体験施設との連携強化】 観光客たちは主に温泉や露天風呂の利用、名所や旧跡の観光、テーマパークなどへの訪問を目的としている一方で、地元の美味しいものを食べるというアクティビティはそれほど盛況ではないようです。地元の飲食店や体験施設と連携し、公式ウェブサイトやアプリ等での情報提供やスペシャルなプロモーションを考慮してみてください。 3.【交通手段に対する満足度の向上】 ほとんどの観光客が自家用車を利用しているものの、一部の観光客からは交通手段の不便さの声が上がっています。公共交通機関の利便性向上やシャトルバスの設定、レンタカーサービスの提供などを考慮すれば、さらなる顧客満足度の向上が期待できます。 4.【福井県外からの観光客増加のためのアプローチ】 現在、県外から訪問している観光客の数はそれほど多くないように見受けられます。県外からの観光客を増やすためのマーケティング戦略を立案し、福井県の魅力を全国に広めてみてください。

2023-10-18〜2023-10-24

アンケート回答件数: 6
データから次のような観光地事業者へのアドバイスが可能です: 1. **インターネットやSNSの活用**:元データを見ると、情報収集ALLのコラムにおいて「インターネット・アプリ」や「Instagram」が多く引き合いに出されています。また、一部のお客様は宿泊施設からの情報を見て訪れています。これは、インターネットやSNSを活用してより効果的な宣伝が必要なことを示唆しています。 2. **交通のアクセス改善**:自家用車が一番利用されているようですが、県外からは飛行機や新幹線も一部使われています。多様なアクセスのニーズに対応するため、公共交通機関の情報を充実させることや、その地域へのアクセス路線を改善することも必要かもしれません。 3. **地元の美味しいもののPR**:訪問目的で「地元の美味しいものを食べる」の回答が多いので、特産品や地域の美味しいもののプロモーションを強化すると良いでしょう。 4. **観光施設や体験の充実**:訪問目的からは自然や食事だけでなく、お祭りやイベントへの関心も見て取れます。観光地としての魅力を高めるため、独自のイベントを企画したり、地元ならではの体験メニューを提供することも有効です。 5. **回遊性の誘導**:エリア訪問回数を見ると何度か訪れている人も見受けられます。これは既に地元に魅力を感じている証拠なので、新たな観光スポットや体験を提案することで再訪を促すことができるでしょう。

2023-10-25〜2023-10-31

アンケート回答件数: 9
CSVデータの内容から幾つかの観察を以下に示します。 1. 訪問目的: 多くの人が「温泉や露天風呂」、「地元の美味しいものを食べる」、「名所、旧跡の観光」を訪問目的としています。これらの要素を強化し、訪問者に対してこれらの体験が充実していることをアピールすることが重要でしょう。 2. 交通手段: 多くの人が「自家用車」を主な交通手段としています。公共交通を利用する訪問者を増やすためには、公共交通機関の利便性を向上させるか、それらを利用するインセンティブを提供することを検討できます。一部の訪問者は夜道が暗いと回答しており、これは特に女性や年配の訪問者にとって懸念事項となる可能性があります。エリアの照明を増やすことで、これらの問題を解決することができます。 3. 情報収集: 「インターネット・アプリ」が一般的な情報収集手段であり、ここでの情報提供が重要となるでしょう。旅行者に適切な情報を提供し、あわら湯のまちエリアの魅力を伝えるためにはウェブサイトやアプリの充実が必要です。 これらの改善点を注意深く検討し、適切な対策を講じることで、あわら湯のまちエリアの観光体験を向上させることが可能です。

2023-11-01〜2023-11-07

アンケート回答件数: 17
このデータを元に考えられる重要な改善点は以下の通りです。 1. 地元の美味しい食べ物の情報をより発信する:多くの参加者が地元の美味しいものを求めているため、地元の食材や料理に特化した情報発信を行うことが重要です。観光連盟やDMOのHP、インターネット・アプリ、観光パンフレット・ポスターなど、さまざまな媒体を活用して、地元の食材やお店の情報を提供しましょう。 2. 施設や観光スポットのアクセス改善:多くの参加者が自家用車や在来線を利用していることから、施設や観光スポットへのアクセス改善が求められています。特に、徒歩での移動や公共交通機関の利用が不便だと感じた参加者もいるため、これらの点に注力して改善することが重要です。 3. 温泉街の街並みや雰囲気への投資:多くの参加者が温泉や露天風呂を楽しみに来ていることから、温泉街の街並みや雰囲気への投資が求められています。街並みの美化や足湯スポットの設置など、温泉街の魅力をさらに引き出す取り組みを行いましょう。 以上の改善点に取り組むことで、参加者の満足度を高め、より多くの人々が訪れるよう促進することができます。ただし、具体的な改善策の詳細や実施の可否などは追加の情報が必要となりますので、詳細なプランニングを行う際にはより具体的なデータや情報を考慮に入れてください。

2023-11-08〜2023-11-14

アンケート回答件数: 13
このデータをもとに重要な改善点を特定するためには、データの中から共通して現れる不満や不便さに注目する必要があります。データを分析し不満や不便さを抽出しましたが、以下の改善点が特に重要と考えられます。 1. 交通手段の満足度向上:特に福井県内での交通手段に関する不満が見受けられました。路線バスの段差や荷物の持ち運びの難しさなどが挙げられます。交通機関のバリアフリー化や荷物の持ち運びに配慮した設備の整備など、交通手段の利便性向上を図ることが必要です。 2. 観光施設の改善:旅館やホテルのサービスや食事内容に改善が求められています。特に飲食コンサルティングを行い、クオリティの向上を図ることが重要です。また、旅館やホテルに関連して観光施設の情報提供なども含めたセットプランなどを考慮することも有効です。 3. 観光情報の発信:インターネットやSNSを利用した情報発信が重要です。観光パンフレットやポスター、観光連盟のHPなどの情報収集手段が限られているため、新たな情報発信手段の活用が必要です。特に若年層に対してはインターネットやSNSを通じた情報発信が効果的です。 以上が、すぐに解決できる重要な改善点です。これらの改善点に対して取り組むことで、観光地の魅力向上や利便性の向上につなげることができると考えられます。

2023-11-15〜2023-11-21

アンケート回答件数: 30
このデータからは、以下の改善点が浮かび上がります: 1. 温泉や露天風呂、地元の美味しいものを食べるなどのアクティビティが人気であることが分かります。そのため、施設や観光地周辺の飲食店での情報提供やイベントの充実、地元食材の活用など、もっと魅力的な体験を提供することができます。また、宿泊施設でのんびり過ごすことが重要な需要であるため、宿泊施設の充実も検討する必要があります。 2. 情報収集において、インターネット・アプリやSNSの活用が見受けられます。これに合わせて、観光連盟やDMOのHP、インターネット・アプリ、Instagramなどのオンラインプラットフォームでの情報発信や広告手法の見直しを行うことが大切です。 3. 自家用車を利用している人が多いことが分かりました。それに対応して、駐車場の充実やアクセスしやすさの改善、観光施設への案内など、車を利用する観光客に便利な環境づくりを進めることが求められます。 4. 各アクティビティや施設の満足度調査結果を参考に、サービスや品質向上に取り組むことが必要です。特に、温泉の質や食事の美味しさ、従業員の対応などが重要なポイントとなります。 5. 宿泊費や交通費などの費用に関して、訪問者のニーズに合わせた価格設定やまとめて予約するとお得なパッケージの提供が求められます。 これらの改善点を踏まえ、観光地の魅力強化や施設の充実、情報発信の改善、アクセスの向上など、総合的な取り組みが必要です。

2023-11-22〜2023-11-28

アンケート回答件数: 27
アンケート結果から得られる重要な改善点は以下の通りです。 1. 交通手段の不便さ:特に県内での交通手段の満足度が低く、タクシーや公共交通機関の利用が不便と感じる人がいました。これに対して、より使いやすく頻繁に運行される交通手段の提供や、ICカードの導入などの対策が必要です。 2. 地元の活性化:地元の飲食店や土産物店などが少ないとの意見がありました。地元の特産品や地元料理を楽しめる場所の充実や地域の活気づけが求められています。 3. 温泉街の魅力不足:温泉街としての魅力を感じる施設やイベントの不足が指摘されています。観光パンフレットやインターネットでの情報発信などを通じて、温泉街の魅力をより多くの人に伝える努力が必要です。 4. 露天風呂の充実:温泉や露天風呂への期待が高く、一部の回答者が不満を感じる声がありました。より多くの施設で充実した露天風呂を提供することで、満足度向上につながるでしょう。 5. 情報発信の改善:観光情報の収集において、テレビやラジオ、新聞などの伝統的なメディアよりも、インターネットやSNSの情報を利用する傾向が見受けられます。情報発信の方法を見直し、より効果的な情報発信手段を活用することが求められています。 これらの改善点を解決するために、観光地事業者は以下の施策を検討すべきです。 1. 交通手段の改善:公共交通機関の増便や利便性の向上、ICカードの導入、レンタサイクルの提供などを検討し、観光客の移動手段の利便性を高めることが重要です。 2. 地元の活性化促進:地元の飲食店や観光施設の活性化を図るために、地元特産品のPRやイベントの開催など、地元の魅力をアピールする取り組みを進めることが必要です。 3. 温泉街の魅力向上:温泉街の魅力を高めるために、観光パンフレットやウェブサイトなどでの情報発信を強化し、観光客に対して魅力的な体験や情報を提供することが重要です。 4. 露天風呂の充実:さまざまなスタイルや特色を持つ露天風呂を提供し、観光客が楽しめるような施設づくりを進めることが求められます。 5. 情報発信の改善:伝統的なメディアだけでなく、インターネットやSNSなどの新たな情報発信手段を活用し、幅広い情報を提供することで、観光客の興味を引きつけることが重要です。

2023-11-29〜2023-12-05

アンケート回答件数: 23
重要な改善点を分析するために、以下のポイントに着目しました。 1. 宿泊の意向と滞在日数:ほとんどの回答者が日帰りで訪れており、宿泊する意向がないことがわかります。このため、観光地の魅力をより長期間体験できる宿泊プランや施設の提案が有効です。 2. 訪問目的と満足度:回答者の多くが温泉や観光地でのんびり過ごすことを目的としており、満足度も高い傾向にあります。これに加えて、地元の美味しい食べ物や名所・旧跡の観光、アクティビティなど、さらなる充実した体験を提供することが重要です。 3. 交通手段とアクセス:自家用車が主要な交通手段であることがわかります。観光地周辺の駐車場や交通利便性の向上を考えることで、より利便性の高いアクセス環境を整える必要があります。 4. 情報収集手段:インターネットやSNSを利用して情報収集している回答者が多いことがわかります。観光地の情報発信を強化し、オンライン上での情報提供や予約システムの充実を行うことで、訪問者の予定立案や情報収集をサポートすることが重要です。 これらのポイントから、以下の改善点が重要です。 1. 宿泊施設の充実:訪問者の滞在意向を高めるために、宿泊施設の充実が必要です。特に、長期滞在を促進するためのプランや施設を提案しましょう。 2. 充実した体験プログラムの提供:温泉や観光地でのんびり過ごす以外にも、地元の美食や文化体験、アクティビティなど、充実した体験プログラムを提供して訪問者の満足度を高めましょう。 3. 交通利便性の向上:自家用車を利用する観光客に対して、駐車場の充実やアクセス環境の整備を行い、交通利便性を向上させることが重要です。 4. オンライン情報の充実:インターネットやSNSを活用した情報発信や予約システムの充実を行い、訪問者がより便利に情報収集や予定立案ができる環境を整えましょう。 以上の点に取り組むことで、観光地事業者の魅力と訪問者の満足度を向上させることができます。また、訪問者がより多くの時間を観光地で過ごすことで、地域経済にも貢献できるでしょう。

2023-12-06〜2023-12-12

アンケート回答件数: 13
提供されたデータから導き出される重要な改善点は以下のとおりです: 1. 年齢層の広がりに対応した商品やサービスの提供:データからわかるように、さまざまな年齢層の方々が訪れています。それぞれの年代に合わせた魅力的なプランやイベントを提供することで、より多くの人々を惹きつけることができます。 2. 温泉街のイメージや風情への配慮:数名の回答者から、温泉街としての風情を十分に感じることができなかったという意見がありました。温泉街をより魅力的に演出するために、建物や街並みのデザイン、歴史や文化を活かしたイベントや体験プログラムの充実などの改善が必要です。 3. 情報発信の充実:多くの回答者がインターネットやアプリを利用して情報収集を行っていることがわかります。観光連盟やDMOのHP、インターネット・アプリを活用して、魅力的な情報やイベント情報を発信することが重要です。 4. 交通手段の利便性向上:回答者の中には交通手段に関する不便さを感じている方もいらっしゃいました。公共交通機関のアクセス改善や、自家用車の利便性向上など、交通手段に関する改善策を検討することが重要です。 これらの改善点を取り入れることで、より多くの観光客を惹きつけると同時に、満足度の向上とリピーターの増加が期待できます。ただし、具体的な施策や改善案を立案するためには詳細な市場調査や分析が必要です。

2023-12-13〜2023-12-19

アンケート回答件数: 17
提供されたデータから、以下の改善点が特に重要と考えられます。 1. 交通手段の不便さの改善:多くの回答者が自家用車を利用していることや、公共交通機関の利用者にも不満が見られることから、交通手段の多様化やアクセスの向上を図るべきです。 2. 商業施設の充実:特に福井県自体に訪れる観光客の多くが買い物や飲食を楽しみたいと回答しており、大型商業施設の不足が指摘されています。新たな商業施設の誘致や既存施設の充実を検討すべきです。 3. 情報発信の強化:インターネットやSNSを活用した情報発信が効果的と考えられます。特に若年層や親しい人の口コミが影響力を持つため、効果的なPR戦略を構築することが重要です。 これらの改善点に取り組むことで、観光地事業者の集客や顧客満足度の向上が期待されます。ただし、各改善点には具体的な計画や施策が必要となりますので、詳細な検討が必要です。

2023-12-20〜2023-12-26

アンケート回答件数: 22
提供されたデータを元に、すぐに解決できる重要な改善点は以下の通りです。 1. 宿泊数の増加を図るため、宿泊施設へのアピール力を高めること。 - 宿泊者の多くが「宿でのんびり過ごす」「温泉や露天風呂」「地元の美味しいものを食べる」を楽しみに来ていることがわかりました。これらのニーズに応えられるような魅力的な宿泊施設を提供することが重要です。 2. 情報収集の方法を多様化し、利用者に対して情報を発信すること。 - 多くの利用者がインターネットやSNSを活用して情報収集を行っていることがわかりました。そのため、観光地の魅力をアピールするウェブサイトやSNSの活用、またはインターネット広告の導入などが有効です。 3. 交通手段の利便性を向上させること。 - レンタカーや在来線が利用できるだけでなく、交通手段の満足度も高めることが重要です。特にレンタカーが手軽に借りられる状況の改善や、公共交通機関の頻度やアクセスの良さに配慮する必要があります。 これらの改善点に取り組むことで、観光地事業者のアピール力や利便性を高め、利用者の満足度や訪問意向を向上させることができます。

2023-12-27〜2024-01-02

アンケート回答件数: 19
このデータを元にして、すぐに解決できる重要な改善点は以下の通りです。 1. 交通手段の満足度の向上:特に福井県内での交通手段の満足度が低い傾向があります。交通手段の利便性やアクセスの改善を行うことで、観光地へのアクセスが円滑になり、来訪者の滞在体験の向上につながるでしょう。 2. 情報収集手段の拡充:インターネットやアプリなどの情報収集手段の利用が少なく、観光パンフレットやガイドブックが主な情報源となっています。より多様な情報収集手段を提供することで、訪問者がより詳細かつ多角的な情報を得ることができるようになります。 3. 飲食店や商業施設の充実:訪問者の多くが地元の美味しい食べ物を楽しみに訪れていますが、飲食店や商業施設が少ないとの意見があります。飲食店やショッピングエリアの充実を図ることで、訪問者の滞在時間や消費額の増加が期待できます。 これらの改善点を取り組むことで、観光地の魅力向上や訪問者の満足度の高まりが期待できます。

2024-01-03〜2024-01-09

アンケート回答件数: 11
CSVデータを元に、重要な改善点を以下にまとめました。 1. 露天風呂や温泉を利用することが多いというニーズがありますので、施設側での露天風呂や温泉の充実や品質向上が必要です。 2. 地元の美味しいものを食べることがニーズとして挙げられていますので、地元の食材を活かしたレストランや飲食店の提供、情報発信が必要です。 3. 観光パンフレット、ポスター、インターネット、モバイルアプリなどの情報収集手段が利用されていることが分かりましたので、情報発信手段の充実や情報提供の改善が求められます。 4. 自家用車が主な交通手段として利用されていることが多いですが、一部の回答者からは鉄道やバスへの要望もありましたので、交通アクセスの改善が必要です。 5. 宿泊費に対する項目の満足度が低い回答もありましたので、宿泊費の適正化やコストパフォーマンスの向上が必要です。 以上が重要な改善点と言えますが、具体的な対策や施策については、詳細なデータ分析や調査が必要です。また、各改善点については、さまざまな要素を考慮し、施設の特性や競合環境、顧客のニーズに合わせた取り組みが必要です。

2024-01-10〜2024-01-16

アンケート回答件数: 10
CSVデータを確認しましたが、すぐに解決できる重要な改善点としては、以下の2点が挙げられます。 1. 交通手段の満足度の向上: データによると、福井県内での交通手段の満足度が低い傾向が見られます。特に、福井県内での交通手段の満足度の理由欄に不便さが挙げられています。この不便さの具体的な内容を把握し、交通手段の利便性を改善することが重要です。例えば、公共交通機関の本数やアクセスの利便性の向上、駐車場の充実、観光地への交通案内の充実などが考えられます。 2. エリア訪問回数の増加: 回答者の中には、初めて福井県を訪れるという方や、5回以上訪れる方もいますが、2~5回程度の訪問がほとんどです。エリア訪問回数を増やすためには、リピーターの獲得が重要です。既存の観光地やイベントなどに加えて、新たな魅力的な観光地やイベントの開催、積極的なPR活動などを行うことで、リピーターの増加を図ることができます。 これらの改善点に取り組むことで、観光地事業者の満足度向上や訪問者数の増加につながる可能性が高まります。

2024-02-07〜2024-02-13

アンケート回答件数: 9
提供されたデータに基づいて、観光地事業者に対する重要な改善点は以下の通りです。 1. 交通手段の満足度向上:訪問者の多くが自家用車を利用していますが、駐車場に困るなどの不便さを感じている人もいるようです。駐車場の確保や案内の改善、交通手段の多様化など、交通の利便性を向上させることが重要です。 2. 情報収集手段の多様化:インターネットやアプリなどのデジタル情報収集手段に加えて、観光パンフレットや観光連盟のHPなどのアナログな手段も重要です。訪問者の情報収集傾向やニーズに合わせて、情報提供の方法を多様化しましょう。 3. 宿泊施設の利用促進:訪問者の多くが宿でのんびり過ごすことや温泉や露天風呂の利用を望んでいます。宿泊施設の魅力や特徴を積極的にPRし、宿泊者の満足度を高める施策を取りましょう。 4. 地元の食材や特産品の活用:訪問者の多くが地元の美味しいものを食べることに興味があります。地元の食材や特産品を活用した料理や飲食店の提案、イベントの開催など、地元の食を楽しむ機会を提供しましょう。 5. 満足度向上のための施設やサービスの改善:訪問者の満足度は比較的高いですが、施設の対応やサービスの改善、宿泊費や交通費の適正な価格設定など、さらなる満足度向上に取り組む必要があります。 これらの改善点を考慮し、観光地事業者は訪問者のニーズや要望に応えるような施策やサービスの改善を行うことが重要です。また、訪問者の意見やフィードバックを積極的に収集し、改善の方向性を把握することも大切です。

Data: FTASオープンデータ CC BY 福井県観光連盟
API: OpenAI API
src on GitHub